関西ホーム株式会社

HOME > 新着情報一覧 > お知らせ > 耐震等級3標準仕様

耐震等級3標準仕様

お知らせ:2019/04/01

関西ホームの住宅は標準仕様で『耐震等級3』を取得しています。

耐震等級1は「建築基準法に基づいた、耐震性能達する」強度を持つとして建物に記されます。最低限の耐震基準として「数百年に単位の地震に対して(震度6~7規模の地震)倒壊・崩壊しない」「数十年単位の地震(震度5規模の地震)なら損傷しない」ことを基準としています。
耐震等級1は、震度6や7を耐えられるような建物です。ただ地震の多い日本では最低限、震度6~7に対応できなければ十分とはいえません。

耐震等級3は「耐震等級1よりも強い、1.5倍の地震でも崩壊しない」強度を持つ建物に記されます。
主に災害時に拠点として使用される消防署や警察省なども耐震等級3で建築されています。