業務の専門か、それとも、あなたの専門か。

  家づくりのおはなし

担当者が窓口ひとつのワンストップサービスで、お客様の夢のマイホーム取得をサポート

家を買うこと、あるいは家を建てることは、ほとんどの人にとって、一生に一度あるかないかの一大イベントなのではないでしょうか。なにもかもが初めての経験で、家さがしや家づくりについてはもちろん、住宅ローン、税金、保険の手続きなど、どうやって進めればいいのか、わからないことだらけだと思います。そんなときに重要になってくるのが、住宅会社のスタッフとの付き合い方です。

理想のマイホームを実現するために大切なこと

家さがしや家づくりにおいては、営業担当、設計担当、現場監督など、さまざまな業務を担うスタッフがひとつのプロジェクトに関わることになります。専門的な知識や技術を持つスタッフが連携することによって、お客様にとっての理想のマイホームは実現します。ただし、適切な連携が大前提なので、それが図れないと、逆に余計なストレスをお客様に与えることにもなってしまいます。新しいスタッフと会うたびに「はじめまして」と挨拶を交わし、希望条件を何度も伝えるのは億劫でしょう。また、設計担当に引き継がれた時点で営業担当からの連絡が途絶えると、まるで流れ作業のようで不安にもなります。

住宅会社における営業担当の役割とは?

多くの場合、最初にお客様と会うのは営業担当です。そもそも、住宅会社における営業担当の役割とはどんなものなのでしょうか。まず会社目線でいくと、自社の強みや特徴をお客様に伝え、信頼を獲得することが挙げられます。ただ、インターネットが発達した現在においては、それらの役割の多くは、営業担当でなくてもよくなっています。実際、当社に来社されるお客様のほとんどが、WebサイトやSNSなどを通じて関西ホームの強みや特徴を理解してくださっています。

では、お客様が営業担当に対して望むことはなんでしょう。それは、自分たちの疑問や悩みを解消し、家さがしや家づくりをスムーズにゴールまで導いてくれるナビゲーターとしての役割です。そしてまた、設計担当、現場監督と強く連携しプロジェクトを取り仕切る、コーディネーターとしての役割も同時に求められています。特に初めて家を買う人、建てる人にとっては、そのような存在の方が心強いのではないでしょうか。

ちなみに、関西ホームの営業担当の名刺には「ホームアドバイザー」と記されています。住宅会社にありがちな押しの強い営業も一切行っていません。一人の担当者が窓口ひとつのワンストップサービスで、お客様の夢のマイホーム取得をサポートしています。

業務の専門か、それとも、あなたの専門か

大手のように、専門のスタッフがたくさんいることに安心感を持つ人もいるでしょう。一方で、当社のように、ホームアドバイザーが最初から最後までお世話をする会社の方がいい、という人もいると思います。業務の専門か、それとも、あなたの専門か。間取りやデザイン、価格だけではなく、そういった点も踏まえて住宅会社選びをすることが大事なのではないかと、私たちは考えています。