年収300万円台の一家が挑む、夢の新築一戸建てへの道のり

HOME > 年収300万円台の一家が挑む、夢の新築一戸建てへの道のり > 第四章 年収300万円台で自由設計の家を建てるには

第四章 年収300万円台で自由設計の家を建てるには

登場人物

祐一
山本祐一(34)
印刷メーカー営業職 正社員(勤続10年)
お金の話はいつになく真剣に聞いている。
今回の話でローンの不安は和らぐのか。
紗希
山本紗希(28)
医療事務 パート
お金の話はこちらも真剣。
もちろん不安もあるが、それ以上に頑張ろうと決めている。
はじめ&のぞむ
山本はじめ(4)・のぞむ(2)
幼稚園・保育園
お金よりもおやつの時間が気になる。
そろそろキッズルームの絵本を制覇しそう。
貴一
貴一(61)
紗希の父
泉州生まれ泉州育ち。
釣りが趣味で祐一と気が合う。
麻紗子
麻紗子(60)
紗希の母
貴一と同じく泉州生まれ泉州育ち。
孫の写真を送ってもらうためにスマホデビュー。
中島
中島(?)
不動産会社営業職
泉州生まれ泉州育ち。
先日も泉州地域で美味しいお店を発見した。

年収350万円の場合の住宅ローン借入可能額

前回、諸経費と購入後の優遇について話を聞いた祐一、中島さんに今の年収でいくらまで借り入れできるのかを聞いてみた。

祐一
中島さん、単刀直入に聞きますが、年収が350万円だとして、私は一体いくらまで借り入れることができますか?
中島
皆さん気にされるところですよね。

今お支払いの家賃が駐車場代を含めて9万円でしたね。

一戸建てになると駐車場代や管理費などが不要になりますので、単純に住宅ローンの支払いだけで考えますと、だいたい3,300万円ほどの借入ができます。

しかし、祐一様の年収350万円だけで考えますと借入可能額は約2,380万円です。

祐一
僕だけの年収だと2,380万円が限度なんですかぁ(やっぱりこれで自由設計は難しいよなぁ)。
中島
祐一様だけの年収で考えると確かに自由設計での購入は難しいように思いますよね。

でも、他のお客様はご主人の年収が300万円台の方でも自由設計をされています。

祐一
そうなんですか!?一体どうやって?

年収300万円台で自由設計の家を建てるには:収入合算で住宅ローンを組む方も多い

中島
それは共働きのご夫婦だから出来る事ですが、奥様の年収を住宅ローンに組む事です。

紗希様の年収95万円も合算して考えますと、約3,530万円までお借入が可能になり、ある程度の大きさの建物を自由設計で建築することが可能になります。

実際に他のお客様もご夫婦共働きの方は合算でのお借入をされる方がとても多いです。

また、ご両親からの資金援助を受けられる方もいらっしゃいますよ。

紗希
その辺はちょっと考えてみます。
祐一
自由設計にした場合、どれくらいの金額になりますか?
中島
土地の大きさや建物の広さによって金額は変わってきます。

どんな建物がご希望ですか?

紗希
将来の事を考えると部屋は4つ欲しいです。

あと、日当たりと風通しが良くて、収納は出来るだけ沢山欲しいです。

祐一
出来れば書斎もほしいな。
中島
そうすると、4LDK+書斎ですね。

他にご希望はございますか?

祐一
今は1台だけど先の事を考えて車は2台停められるようにしたい。
紗希
庭スペースも出来れば欲しいわ。

ガーデニングとかが出来ればうれしい。

中島
当社の分譲地は車が並列2台は停めることができる広さをとっています。

配置なども考えれば庭スペースも確保できると思いますよ。

ちなみに、後にご覧頂いたB分譲地で45坪の土地に34坪の建物を建築された場合ですと、だいたい3,280万円です。

紗希
一度、今日聞いた話を家族で話し合いましょう。
祐一
そうだね。色々検討することがありそうだ。
中島
そうですね。焦らずにじっくりご夫婦で話し合った方が良いかと思います。

では、またご連絡お待ちしています。

何かご質問等ありましたらいつでも電話頂ければお答えします。

本日はありがとうございました。

年収300万円台で自由設計の家を建てるには:ご両親から援助してもらう方も多数

私達は帰宅の途につきながら、早速今日の事を話し合った。

紗希
関西ホームに行って良かったでしょ?

親切な営業さんで色々と知ることができたし。

家を買うのにあんなに色々と税金があるなんて知らなかったわ。

祐一
そうだね。

諸費用って一言で言っても実は色々あることがわかってほんとよかったよ。

紗希
最初に見た建売物件、良かったわよねぇ。

リビングも広いしキッチンも使いやすそうで。

でも、希望を叶えるなら自由設計が私はいいなぁって思う。

あなたはどう思う?

祐一
そうだなぁ。

金額の面から言うと建売だけど、紗希の言う通りで一から希望通りに造りたいって思うと自由設計だよなぁ。

問題はローンだよなぁ。

紗希
ねぇ、帰りに実家に寄らない?

お母さんに相談してみようと思うんだけど。

その足で紗希の実家に寄ることになった。
実家では紗希の母、麻紗子が出迎えてくれた。

麻紗子
あら、いらっしゃい。どうしたの、急に。
紗希
ちょっと相談したいことがあって……。

麻紗子は久々に孫2人に会えて喜んでいる。

紗希は家を購入しようと思っていることを母に話した。

麻紗子
あら、いいじゃない。

私も近くに来てくれる方が何かあった時安心だし、はじめくんやのぞむくんにしょっちゅう会えるようになれば嬉しいわ。

紗希
そこで、お願いなんだけど。

少し援助してもらえないかなぁって思って……。

麻紗子
そうねぇ。お父さんが帰ってきたら相談してみるわ。

たぶん応援してくれると思うけど。

紗希
本当!?ありがとう!!
祐一
急にすみません……。宜しくお願いします。

義母は娘夫婦の急な相談にも、嫌な顔一つせず話を聞いてくれた。

家を建てたら近所になるということで、むしろ積極的に持ち家の良さについて話をしてくれて、心強かった。

そして後日、紗希の携帯に義母から連絡があった。

麻紗子
もしもし紗希ちゃん?

この間の話、お父さんに相談したわよ。

そしたら孫が近くに来てくれるなら援助してもいいよって。

500万ならなんとかなるみたい。

紗希
本当!?嬉しい!!ありがとう!!祐一も喜ぶわぁ!

今度の休みにお父さんにお礼言いに行くね!

麻紗子
そうしてちょうだい。

お父さんも子供たちに会いたがっているわよ。

私が仕事から帰宅すると、紗希は早速電話の報告をしてくれた。

紗希
今日、お母さんからこの間の援助の事で電話がかかってきたわよ。

お父さんが援助してもいいよって500万円も出してくれるみたい。

祐一
そんなに!?

私はびっくりして思わずコップを倒してしまった。

紗希
500万円の援助があれば、建売ならあなただけの住宅ローンで購入できそうね。

でも、やっぱり私は自由設計で建築したいなぁ。

祐一
う~ん。でもそうなると紗希も住宅ローンを組むことになるよ。

それでもいいの?

紗希
それでもいい!

だってやっぱり自分たちで造った家の方が愛着も出るし、好きな仕様に出来て色々こだわれるでしょ?

祐一
紗希がいいって言うならいいよ。

二人で頑張って働いて出来るだけ早く返そう。

紗希
ありがとう!あなた♪

次の休日、子供たちを連れて紗希の実家を訪ねた。
玄関のドアを開けると孫に会えるのをよほど楽しみにしていたのか嬉しそうに父、貴一が出迎えてくれた。

はじめ・のぞむ
おじいちゃん、こんにちは!
貴一
おぉよく来たなぁ。待ってたよ!

さぁさぁ早く上がりなさい。

祐一
お義父さん、こんにちは。
貴一
祐一君も久々だね。

仕事忙しいみたいじゃないか。

さぁ上がって上がって。

はじめとのぞむはじいじの手を引っ張ってリビングに入っていった。
私と紗希は手土産のケーキを義母に渡すと、ダイニングテーブルに腰かけた。
義母は早速ケーキを取り分け、紅茶とジュースを準備していた。

祐一
お義父さん、お義母さん、今回の資金援助の件、本当にありがとうございます。
貴一
いやいや、いいんだよ。

母さんとも話したけど、やっぱり近くに来てもらった方が私たちも安心だ。

その方が孫にいつでも会いに行けて、成長が見れるじゃないか。

麻紗子
そうよ。私たちにとっても今よりも行き来が楽になるし、気にしなくていいのよ。
祐一
そういって貰えて嬉しいです。
紗希
お父さん、お母さん、ありがとう。
貴一
それより、買おうとしているところはどんなところだい?

お父さんも見ておかないと。

麻紗子
お母さんも見たいわ。
紗希
まだ、はっきりとは決まってないんだけど、この間は建売物件と自由設計できる土地を見に行ったの。
祐一
話を聞くだけのつもりで行ったんです。

家を購入するって色々不安が多かったんですが、営業の人がとても親切にわかりやすく教えてくれたので僕も前向きになってきて。

紗希も今の家にはストレスを感じていたみたいなのでそれが解消できるならと思いまして。

建売物件も見学したんですが、希望を含めたくて自由設計にしようかと思ってるところです。

麻紗子
あら、私も建売物件見てみたいわ。

キッチンとかの水廻りって今はどんな感じなのかしら。

紗希
じゃあ次は一緒に見に行かない?
祐一
そうだね。まだどこで建てるかも決めてないし。

そこも一緒に見てもらおうか。

紗希
そうね!早速メールしてみるわ!

そう言うと紗希は中島さん宛にメールを打った。

紗希
『中島さん、こんにちは。

先日はありがとうございました。

あの後話し合いをしまして、B分譲地に自由設計で建築しようと思います。

次の日曜にでもお伺いしてもいいですか?

出来れば私の親も一緒にA分譲地の建売物件をもう一度見たいのですが、それも可能でしょうか?』

しばらくすると中島さんから返信が来た。

中島
『山本様、メールを頂きありがとうございます。

先日はこちらこそ長時間お付き合い頂き誠にありがとうございました。

また、B分譲地に御検討頂けましたこと嬉しく思います。

それではこれから建築する土地を決めていきたいと思います。

現地でのロケーションや日当たりを確認しながら決めて頂くことをお勧めしておりますので、次の日曜日は現地でお会いしましょうか。

その際に、ご両親も一緒にもう一度A分譲地もご覧頂こうと思います。

いかがでしょうか?』

紗希
中島さんから返信が来たわ!

次の日曜日に現地でお会いしましょうって。

その時に建売物件も見せてくれるみたい。

時間は何時がいいかな。

麻紗子
お昼からでいいんじゃない?

お昼ご飯をここでみんなで食べてから行きましょう。

紗希
じゃあ13時って伝えるね!

紗希はすぐに返信した。

紗希
『是非それでお願い致します。

時間は13時ごろでどうでしょうか?』

今度は待ち構えていたかのようにすぐに中島さんから返信が来た。

中島
『かしこまりました。

それでは来週の日曜日、13時からB分譲地にてお待ちしております。

宜しくお願い致します。』

こうして私たち家族と紗希の両親は次の日曜日にB分譲地を訪れることになった。

第五章「土地の向きのポイント。南向き?視線?風水?家相?」へつづく。

住宅ローンの借入額やお支払い方法は人それぞれ。無理のない資金計画をご提案いたします。

お客様お一人お一人借入可能額や支払い方法は異なります。

お客様に合った購入の方法をご提案させて頂きます。

また、現地はご納得いくまで何度でもご案内致します。

お気軽に御相談ください。

お電話またはメールにてお気軽にお問い合わせください。

0120-62-0652